子供部屋の鍵問題で対立したけど…

PR|熊本の住宅展示場といえば大分でリノベーションをお考えなら青梅市で見学会に行くなら |

子供が小さい頃はとにかく自分が病気をしないように、仙台市長町の病院に健康診断にいっていました。子供の成長にともなってオーダー家具を大阪に注文し、新築一戸建てを家づくりすることになりました。リフォームまでケアする大阪の工務店に依頼しました。小学校高学年生にもなりますと、「自分の部屋」が欲しくなるものですからね。2段ベットや勉強机などのシステム家具をサイズに合わせて発注しました。しかしその際に、ちょっと一悶着はありましたよ。それは「子供部屋に鍵をつけるかどうか?」ということです。

私は当初「子供部屋に鍵をつける」ことに対しては大反対でした。娘はもちろん「子供部屋に鍵をつけて!」という意見ですよ。もう思春期ですいね。何ってわけじゃないでしょうけれど、自分の部屋には鍵をつけておいて欲しいのでしょう。

私もその気持ちはすごくわかる部分はあるのです。自分の留守中に親に自分の部屋に入られる可能性があるのって、とくに何もないにしてもやっぱりいい気持ちではありませんから。「もしアレ(日記とかイラストとか)を見られたら…」と考えると、ふと思い出した時に気になって仕方なかったですからね。

たとえば、母親や平日休暇をとっていて家にいて、そして私が学校にいる時なんか非常に気になったものです。学校で授業を受けている時なんかに、「お母さん、私の見られたくないもの見てないよね」と気になってしまっていたものです。

ですから娘の「自分の部屋のドアは鍵付きのドアがいい!」という気持ちはものすごくわかりますよ。わかりはするのですけれど、しかし「万が一の事態」を考えると、「はい、いいですよ」とは言えなかったのですよね。

たとえば、子供の体調に異変があった場合、部屋に鍵がかかっていましたら開けられないじゃないですか。救急車を呼んでドアを壊してもらうにしても、それまで結構な時間だってかかりますからね。それならばすぐにドアをバーンと開けて助けられる環境にした方がいいじゃないですか。

などと思いまして、一時は反対したのですがしかし旦那に言われて納得しましたね。「娘の気持ちもわかるけれど、緊急事態のことを思う君の気持ちもわかる」「それならば鍵付きのドアにしておいて、合鍵をこちらで持っておけばいいんじゃないか?」と言われて、ハッとしましたね。その方法があったかと。娘は自分の部屋が鍵付きのドアであることで安心しますし、親側としては密かに合鍵を持っているということで、万が一の事態にも対処できますからね。

しかし思えば私が子供の頃も、この方法で対応できたはずなのですが、親は頑なに「鍵付きの部屋なんてダメだ!なんかあったら困るだろ!」と言っていたものです。まあ、今自分が親の立場になったらわかりますが。

PR|健康マニアによる無病ライフ住宅リフォーム総合情報お家の見直ししま専科マッサージのリアル口コミ.com工務店向け集客ノウハウ生命保険の選び方