友人の新築を見て欲しくなった

家を建てたいと思うタイミングについては、人それぞれ違いがあると思います。多くの人は、子供のために新築を買いたいと思うこともあるでしょう。また不便さを感じて、新築が欲しいと思うこともあると感じます。その人それぞれに新しい絵について、希望を持つことができますね。

私の場合は、新築が欲しいと思った一つのきっかけとして新築祝いにいったことから思うようになりました。それまでは、漠然とした感じで新しい家が欲しいと思っていたのです。ところが友人の新築を見た時に、早く自分も自分の家が欲しいと思ったことでした。それは新車が欲しいと思うよりもはるかに、新築のほうがいいと思うようになったのです。

家というのは、毎日の暮らしをそこで行うので、快適に過ごしたいと感じますね。その快適を求めるためには、やっぱり自分の希望をふんだんにいれた注文住宅を作りたいと思うのです。そして実際に作ると、その感激は今までないくらい感動することができました。